今夜は早速ゴルフ練習場へ行こう

俗にいうシングルさんでも、ハンディ9〜6のゴルファーは、相撲でいえば大関クラス。彼らは、まだまだほんとうのスイングの原理はわかってない。

 

向こうから来てしまう事を拒否するのは、かなりむずかしいとおもいますが、教えようとしてる人が、どれだけスイングを分かりてるのかを、初心者の方であっても自分が判定しながら、情報を受け取ったり、聞き流したりする必要があります。新宿などで自分の周りに適任者がいるともかぎりません。

 

何はともあれ、間違ったスイングや考え方を体に入れるのはよくないことです。シングルから陥落をしていく可能性のあるゴルファーなのです。

 

ではプロに、と走りたがるところですが、意外とレッスンプロと称する人も、ほんとのスイングがわかってない事が多端のも事実です。だからからこそ、5下になれてないのです。

 

そのような状況の中で、初心者は、自分のゴルフと闘うのと同じくして、教え魔達とも格闘する必要もあります。アマチュアならば、スイングの話を聞いてイイのは、ハンディキャップ5下記のゴルファーにかぎられます。

 

自分ができる人と、わかっていて人に教えられる人というのは、マッタク別な素養だと思いましょう。